RのTarotリーディング 
原始的な情報を受け取るお手伝いをしています。お気軽に声をかけてください。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018年7月分の血液型別タロットリーディング

     

 

2018年7月分の血液型別タロットリーディングをしました。

 

そして、ついでに、

2018年下半期のはじまりの今、

すべての血液型のみなさんに伝えたいメッセージ(宇宙が^^;)

も聞きました。よかったらご覧になってみてください。

        ↓

   

 

「私が」という個のとんがりを薄れさせるといいそうです。

 

しかし、われわれ人間はみんなみんなそれを薄れさせるのが

なぜかとても嫌で渋っているそうです。

 

人として、個として

優れている自分を捨てたくなかったり

誰かと比べることをやめたくなかったり

 

劣っている部分を誰かから感じさせられたら、

自分も、誰かと比べて優れていることを感じたかったり、

 

だけど、そのエネルギーを大切に持ち続ける限りは

自分も常に何かと比べられている、

という感覚を持ち続けなくてはいけないということで、

 

そんなどうでもいいところで

幸せになることを放棄してしまうそうです。

 

何かの分野では、

誰かが優れているかもしれないけれど、

別のところでは、

他の劣っていると見なされていた誰かが

優れているかもしれない、

つまりは、それぞれの凸凹がこの世にはあったほうがいい、

(私たちにとってもあったほうがいい。

なぜなら、あらゆることのスペシャリストがいるということだから)

 

ゆえに「個」をに優劣をつけることは無意味、

なぜなら、みんなの凸凹があつまって、やっとひとつができるから、

 

ということを知ると楽になるそうです 🐼🌈

 

 


::::::::::::::::::::::::::::
 

 

A型…

宇宙からたくさんの良い情報(アイデア・直感・幸せなどなど)が入るように、自分の中へとつづく道をあけておかなくてはいけない、とのことです。道をあけておくというのは、自己(自我?)を透明にするということらしいです。「自分」が強固にあると、その道を塞いでしまうことになるのだそうです。そしてその前に、なぜ人がどうしても「自分」というものに固執したくなるのかといえば、「このようなかたちの幸せが欲しい」というイメージを持っているから。それを吸引するためには自己をなくしてはいけないような気がするみたいなのです。つまり、欲しい幸せを手にいれるために自分をしっかりと立たせて、幸せをこの手でチャンスを見極めてつかまなくては!という意識があるということらしいです。しかし、宇宙からすると、一般的人間のイメージしている「幸せ」は、永久性もなくほんの一時の享楽のようなもの、ほぼ無意味に近いことだそうで、それよりも、あらゆるものを受け入れる道を自分の中に開通させてみたらどうなるんだろう?!と、宇宙に巻き込まれてみる覚悟をしてみては?との宇宙からの提案です。人間の概念よりももっと大きな計画が宇宙にはあるようなので、そのほうが断然おもしろいことになっていくようです✨

 

 

 

:::::::::::::::::::::::: 

 

 

 

B型…

宇宙は荒技を使って人間の目を「ドン!」という感じで覚まさせてくれようとしています。荒技ですから、衝撃はくらうかもしれません。でも、安心してください。これは宇宙のイリュージョンであくまで安全だそうです。私たちは、そのことを忘れないようにあくまで客観的に物事を見ていくべき!その途中には意見などを持つ必要もなく、ただ、宇宙のイリュージョンの一部始終を見ていってください、とのことで、それが終わったら、何かが変わるようです。いままでの自分が古いと感じ、新しい気持ちで新しく何かに歩いてゆけるそう。そのためにはここで一度、宇宙からの衝撃を感じて、一瞬驚いた後にこのことを思い出して、現実の流れを見ていく必要があるそうです。今までの見方のままだと、これからの旅の意味が変わってきてしまうからです。宇宙の意図を人間はここで一度理解する必要があるとのことです。自分で人生をうまく回そうとしたり、何かを勝手に期待したり、何かに勝手に失望することは、できないというよりも、そんなことをする必要はない、ということを知るのだそうです。余計な荷物はここに置きざりにしていっていいということだそうですよ✨

 

 

 

 

 

:::::::::::::::::::::::: 
 

 

 

O型…

すべてを儀式と捉えてください、と宇宙は言っています。ふだん自分がする仕事自体も含めて、どんなに些細なことでも、だそうです!レシートの整理、食料品の買い物、歯を磨く、カーテンを開ける、人と話す、すべてが神聖な儀式であり、そこに自分自身の創造性を発揮してください、とのことです。人間が創造的になにかをするときには、そこに宇宙のエネルギーが入ります。そのことを逆に意識して、その力を大きく、どこまで使えるか試してみたらいいそうです。つまり、いままで無意識にやっていたことも全部、宇宙との共同作業と意識して「創造」すれば良いのだそうです。それが一番、簡単に自分自身を変化させることができるやり方なんだそうですよ!何故ならば、これをすればずーっと宇宙のエネルギーをおもいきり自分の中に通し続けることになるから、だそうです。そして、夢を見続ける必要もあります。何かをクリエイトするときには素敵なものを作らなくてはいけないからです。宇宙の図書館に無意識にアクセスすることになるのかもしれません。そう考えると、魔法のような1日になりそうではないですか?

 

 

 

 

:::::::::::::::::::::::: 

 

 

AB型…

人間としては、自分だけが特別扱いされ、そして自分だけがスポットライトを浴び、自分だけが誰よりも表現をうまくできて賞賛されたら、この世ではカッコよくて最高です、が、宇宙は、自分だけが、という人間特有の感覚に従ってしまうと、逆に動きが小さくなって、もったいないことになってしまう可能性が大いにある、と言います。全人類全体をまとめて「わたし」とした方が、そしてそのような感覚で動いていったほうが、守るべきものも、用心するべきこともなくなり、よりダイナミックに動けて、物事もスムースになり、たくさん予想もしなかったようなものを受け取ることができるようになる!のだそうです✨個人的なところだけがうまくいけば、という感覚の時は、どこか消極的なエネルギーになりますが、しかし、わたしたち世界全体が楽しめるように、という時には、足の奥からどくどくエネルギーがみなぎります。その感覚は正しいそうで、決して出し惜しみをしたりせず、みんなのためにAB型さんのアイデアを使っていってください、そのほうが絶対に楽しいことになります、それこそがあなたが求めている本当のことです、とのことです✨

 

 

 

※(AB型さんは、このリーディング内容であてはまらない場合があります。超ポジティブになっているときや超ネガティブになっているときは、A型かB型に傾く場合があるようですので、そちら(A型とB型)の内容も併せてごらんになってみてください)


 

 

 

::::::::::::::::::::::
 お知らせ 

対面タロットリーディングセッションin多摩センター・

7月分ご予約をメールにて24時間受け付け中です!

(7月3日くらい〜6日くらいまで休みます)

 

セッションでは、とても早いスピードで答えが返ってきますので、

質問が的確であれば1時間で非常に濃密なセッションをすることが可能です。

 

頭で考えている自分と、魂での自分との企画会議にご興味がある方は

ぜひお声をかけてください😉

 

「同僚とどうすればうまく接することができるか?」

「付き合っているひとが何を考えているかわからない」

「今手掛けているプロジェクトについてのアドバイスがほしい」

「いま自分が作っている作品を自分で気に入らないのはなぜか?」

「なぜこの問題に対する怒りが止まらないのか?」

「こんなことが起こったのはなぜなのか?」

「今の自分の状態が良いのか悪いのか知りたい」

「母を許すことができないが今後どうしていくべきか?」

「人生での使命を全うするために今はどうすることが求められているか?」

 

などなど、宇宙からあなたへのメッセージを

聞いてみてください。

 

とくにお誕生日や何かの節目には、

対面セッションをおすすめします。

 

電話でのリーディングよりも、エネルギーがドキュン!と変化しやすいです。

(電話では伝わらないエネルギーが介在するようです)

 

 ーーーーーーーー

 

電話でのタロットリーディングセッションも

まいにち当日予約でメールにて受け付けています!

お申し込みは、こちらから お気軽にどうぞ❣
 

 

 

みなさまのお声をきくことができるのを楽しみにお待ちしています。

 

 

 

 


※photo byIMAGE*AFTERonline free photo collection


:::::::::::::::::::::

 

| 00:04 | 血液型別タロットリーディング | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |